ポイ研所長のポイントサイト換金実績TOP3
順位1位2位3位
サイト名ハピタスモッピーげん玉
登録バナー 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト げん玉
解説&総評ハピタス解説目次へモッピー解説目次へげん玉解説目次へ
換金実績(累計)1,553,677円183,895円111,880円

ギャンブルで稼げるか!?~麻雀編~

競馬、競艇、競輪、オートレース、宝くじ、パチンコ、スロット、麻雀等々・・・

現在の日本には多種多様なギャンブルが存在しますが
技術と知識次第で勝てるものもあれば、どう足掻いても
勝てないものまで様々です。

そんな様々なギャンブルで稼ぐ事は本当に可能なのか!?

この部分に焦点を当てて考えていきたいと思います。

今回は「麻雀」について

麻雀について

麻雀は、4人のプレイヤーで卓を囲み、34種136枚ある
牌をやり取りして、役の完成を目指す中国発祥のゲームです。

基本的に揃えるのが難しい役ほど、得点が高く設定されており
最終的に保有している得点が多い者がゲームの勝者となります。

麻雀の控除率と還元率

麻雀の控除率と還元率は、麻雀に興じる場所で変動するほか
賭ける金額(レート)によっても割合が変わってきます。

①雀荘で麻雀に興じる場合
雀荘で麻雀に興じる場合には、場所代が必要であり
料金形態は様々ですが、大体1人あたり1時間400円
前後が相場の模様です。(ドリンク料金等を除く)

この場所代が他のギャンブルで言う控除率に該当し
当然、場所代が安い店ほど控除率が低く、還元率が
高いということになります。

また、レートに関わらず場所代が変動しないのであれば
レートが高いほど、収支に占める場所代の割合が小さくなり
控除率は低くなっていきます。

これらの要素に加えて、収支がゲーム終了まで分からないため、
麻雀の控除率と還元率は、一概に計算することができません。

②個々人で麻雀に興じる場合
自分の家や友人の家等で麻雀に興じる場合は
場所代が不要なので、控除されるものがありません。

控除率0%の還元率100%です。

知識介入性

麻雀は、ルールが複雑であり
覚える事が非常に多いゲームです。

その分、他プレイヤーと知識量で差をつけ易いため
知識介入性が極めて高いゲーム性であると言えます。

当然、麻雀をよく理解していないプレイヤーよりも
麻雀をよく知っているプレイヤーの方が断然有利に
ゲームを展開することが可能です。

参考サイト(外部)

技術介入性

和了(上がり)確率を高める待ちの作り方や
場の状況によっては振り込みを完全回避できる防御術、
他プレイヤーの捨て牌から待ち牌を読む技術等々・・・

麻雀には、ゲームを有利に進めるために役立つ
多種多様な技術・戦術が数多く存在します。

それらの中には、絶大な効果を誇る技術も多いため
麻雀の技術介入性は極めて高いと言えるでしょう。

参考記事(外部サイト)

麻雀は稼げるか?~雀荘編~

これまでに説明した通り、麻雀は知識介入性、技術介入性が
非常に高く、プレイヤー間の力量の差が顕著に表れるゲームです。

麻雀の控除率は、環境等によって変わるので一概に言えませんが
一般的な料金(1時間400円程度)・レート(1000点50~100円)
で考えれば、控除率に当たる数値を知識と技術でカバーすることが
十分可能な範囲に収まると考えられます。

一言で言えば、一般的な控除率が低く、攻略要素が豊富ということ。

低い控除率に加えて、その攻略性の高さから、控除率という
マイナス要素を打ち破り易く、プレイヤーの力量によっては
期待値(還元率)が100%を超える様な勝負も可能になるのです。

従って、雀荘での麻雀は、腕次第で
稼げるギャンブルであると言えるでしょう。

それは、プロが多数存在している事からも窺い知る事ができます。
(大会賞金や雑誌の連載等で稼いでいる方も多いですが・・・)

あまりに低レート(1000点20円以下)になると、勝者の収支を
場所代にかかる費用が上回ってしまう可能性が高まるので注意!!
(1位でも還元率が100%未満になる可能性がある)

麻雀は稼げるか?~個々人宅編~

麻雀に興じる4人の勝ち負けの合計が0となる訳ですから、
全員が負け組になる可能性は絶対にありません。
勝ち組と負け組にハッキリと別れます。

控除されるものが一切ない個々人宅での麻雀は
他プレイヤーよりも実力で勝ることができれば
稼げるギャンブルであると言えるでしょう。

麻雀の世界は弱肉強食

麻雀で勝つために必要なのは何と言っても実力!!
少ない対戦数であれば、運が勝負を分けることもありますが
長い目で見れば、確実に実力が物を言う弱肉強食の世界です。

ただし、麻雀は非公認ギャンブル

実力次第で稼げるギャンブルである麻雀ですが
ご存じの方も多い通り、実際には「賭け麻雀」は
違法行為に該当します。

現状では、一般的にレートの低い賭け麻雀は
警察も黙認している傾向にあるようですが
もし摘発されれば、罰則が科せられるという
ことを忘れてはなりません。

(罰則)
・50万円以下の罰金又は科料
・常習性が認められれば3年以下の懲役
・場を提供し利益を図ると3ヶ月以上5年以下の懲役

もちろん、麻雀自体は合法ですし、麻雀の大会等で
賞金を稼ぐのは法律的に何の問題もありません。

アマチュアでも参加できる大会もあって、
優勝賞金は100万円を超えるものも存在します。
我こそはという人は腕を磨いて挑戦してみてはどうでしょうか。

麻雀の税金

賭け麻雀は違法という扱いにも拘わらず
収入に税金がかかるというのは、おかしな話ですが・・・

麻雀で得た収入は「一時所得」に該当し、一時所得から
一時所得を得るために要した支出額を引いた金額の合計が
年間を通して50万円を超える場合は課税対象となります。

一般的に負けたゲームに要した費用は、一時所得を
得るために要した支出額
と認められないので注意!!

参考記事(外部サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。